GPS情報を活用、場所をメモするロケハン時のお作法

GPS情報を活用、場所をメモするロケハン時のお作法

もう常識すぎて記事にするのも少し躊躇しちゃいましたが、これから・・といった方のためにもと思いプチ情報。

現在Adobe Lightroomを使っています。現像ソフトの選択については僕の場合はAdobe製品を従来から使用していたこと&Photoshopとの連動がシームレスなことを受けてLightroomが鉄板ソフトです。

  • メタ情報などからもソートできて超便利
    すぐに欲しい写真を抽出できる、フォルダ仕分けでは到底できない抽出もあっさり可能
  • 必要最低限なまでにチューニングされた機能が小気味よい
    出来過ぎちゃうことで時間を浪費しちゃう無駄を省ける、むしろこのパネル群でおさまるように撮れと言われているよう(笑)
  • Photoshopへのデータ受け渡しが2クリック
    最終的にどうしてもPhotoshopでって話の場合にも簡単

その他いろいろな利点もありますが、とりあえずLightroomにしちゃえば、うずらフォトのワークフローは丸パクリ可能です(笑)写真はへっぽこですが、PC上は狼なK山の小技は時間短縮に繋がるTipsが満載!?

 

レタッチソフトと比較されるばかりですが、写真を管理する側の機能も強力なんです。写真管理+レタッチが正確なカテゴライズでしょうか。何より誰もが知っているPhotoshopファミリーです、機能もバッチリです。

 

前段が長くなりました(苦笑)

GPS情報で場所をしっかりメモる!

撮影場所を探す、予習するなどロケハンはとっても重要。戦いは情報戦だって偉い人も言ってました。土壇場のアドリブ力を過信しがちな僕ですが、やっぱりロケハンをしたうえでのアドリブ力のほうが更にスコアアップできて確実。ってことで、ロケハン推奨陣営のうずらフォトですが、場所ってなかなか記憶できません。記憶違いもあったり困ってしまいます。

そんなときは、GPS機能付きのカメラで撮影→Lightroomで位置情報管理!

map

GPS付きのカメラ?持ってないなー、、、本当でしょうか。GPS機能がついていて、写真が撮れるデバイス、、そうスマホです♡もちろん一眼レフやミラーレスにGPS機能がついてるぜ・つけているぜ!って方はそのままで。

この前の奄美大島大会、数は少ないもののスマホでの撮影も。場所がきっちり記録されていて便利。イベントやテーマつきの撮影の場合は、場所から組み立てることも。テーマを考えるとき、地図をぼけーっと眺めていると浮かぶことも。ぜひぜひ活用ください(^^)

どうしてもLightroom推奨記事になっちゃいますね(苦笑)

個人的には必携級のもの、もはやLightroomナシでは効率化を極めることは不可能なところまで来てます。

  • 特定フォルダの監視(取り込み)
  • 書き出しルールの活用
  • Windowsマクロとの併用で、指定時間に書き出し→自動アップデート、SNSへの自動アップデート
  • もちろんレタッチも
  • パノラマ機能もなにげにパワフルで便利
  • かすみ除去については1記事書きたいくらい

 

Googleマイマップとの合わせ技で便利さ倍増

ちょっと余談が過ぎましたが、メモした地図情報はそのあとGoogleマイマップに記載して持ち歩いたりも。

Google マイマップ

Screenshot of www.google.co.jp

位置情報だけじゃなくって写真も動画もあわせて記録OK。自分だけの情報マップを構築するのもなかなか楽しいです。

mymap

本当は全容をご紹介したいところですが、結構何かとアレコレ記録しているため、内緒ってことでご容赦ください♡

 

 

スポンサーリンク

 

 

どんな場所でも渾身の一枚を!と意気込むうずらフォトですが、ロケーション派の方にぜひ活用いただきたいプチ情報でした。

_UZR0451