撮影会でカメラマンさんから教えられた素晴らしいこと

撮影会でカメラマンさんから教えられた素晴らしいこと

撮影会を主催していて、とても得をしているなと感じることがいくつかあります。

今回はその中のひとつの話。

 

 

 

技術的なことではなくて、人としての話。

まだまだ僕は未熟なところも多く、年齢的にもまだまだ若いほうに分類されます。

結果、大勢のカメラマンさんたちはいわゆる人生の先輩。社会人として苦難を乗り越えてきた数々の人生経験を持った方々。

 

 

 

そんな方々と接することができるのはとてもメリットに考えています。

今後の人生にしろ、何に付け先輩の意見を聞ける環境を持つことが出来ているということはとても大切。

方々それぞれの考えや行動倫理などを耳にして、そして自分に役立つ部分、成長できることを得られる・・すごくお得な訳です。ナマな意見ですから。

人はどう生きていくべきか、その答えの数々に触れ(少し大げさ?)日々、勉強させていただいてます!

 

 

 

さてそんな方々との邂逅、

その中である常連さんが口にした言葉でとても印象的なものがあります。

 

 

「友情」

 

 

社会に出て以来、「競争」や「勝敗」「成長」「犠牲」など生臭い言葉が飛び交うのが常ではありました。僕もそれを是として走り続けてきたわけですが、この「友情」というキーワードをさらりと使いのけられて、「かっちょいいな」と思ったわけです。

こういう原理原則、というか根本的な部分の言葉を日常に落とし込めるのってすごいと思ったわけです。それを意識して生きているわけです、行動理念には理想でもなく間違いなくこの友情があって、人付き合いを重ねている。

やっぱり「かっこいいなぁ」、そう思ったわけです。

(割愛:ものすごく長いです)

 

そういったコミュニティを持ちたく思います、職種問わず。生きていくためのメインであれサブであれ、人が集まる環境というものは何ものにも変え難く、そこで過ごす時間はとても貴重であり、かつ有益なものでありたい!

 

 

近年あまり聞くことのなくなったこの言葉ではありますが、とても大事なことには変わりなく、僕も以来これを意識して生きていくように努めています。撮影会の主催をしたことで、大事なことをひとつ得られた一事です。

 

 

 

 

 

うずらフォトもまだまだ改善の余地はありますが、こういったコミュニティ、人を撮るなら人を大切にする空間として今後も前進したく思います。

 

 

 

 

というわけで明日(というか今日)は撮影会、スペーススタジオ。

囚われず、でも基本を忘れることなく大事に紡いでいきます。

 

ご予約、最新スケジュールはこちらから。

http://photo.uzra.jp/schedule.php

 

 

 

おしまい。

スポンサーリンク