愛媛遠征を終えて

愛媛遠征を終えて

遅くなりました、無事に愛媛遠征。完走です。

すでにSNSにUPいただいている写真を軸に感想をつらつらと・・

 

 

想像以上に大勢の方々にご参加いただきました

ワールドプラザ、商業施設を後ろ盾にイベントさせていただけるなんてとっても幸せ。

主催やっている方はわかってもらえるのですが、選ばれて何かをやる!というのはとても光栄なこと。

 

自主的にたくさん撮影会を実施させていただいてます。けど、それは自前のイベント。今回のそれは招聘されて、、というところにカタルシスを感じるわけです。

 

カメラマンさんもとても個性的な方が多く、そして何よりも情熱的。

もう故郷がどうとか、そういうのは横においといて、レギュラー開催同様、いやそれ以上に懸命にイベントを進行する自分に気づきました。

 

写真は共通言語

 

大勢の方にご参加いただけました。正直言って合同大撮の囲み規模かそれ以上といっても良いくらい。

囲みに加えて順番取りもプラスして進行しました。

 

 

もろもろ書きたいこともあるのですが、後日写真を交えながらまた・・

今回はとにかく参加いただいたカメラマンさんたちの、そのパワーに感化されまくったということ。

愛媛がどうとか、東京がどうとかそういうことではなくって。

 

撮影会に慣れすぎた、またその文化の牽引役の末席を担うK山としても、この新鮮な、撮影することそのものへの純な欲求と葛藤と渇望など、、その感情の束がとても刺激となりました。

 

写真は共通言語、そう感じた瞬間でもありました。

好きなシーン、好きな光がやってくると、とたんに現場の空気は沸点に達します。それを導くための主催としてのテクニックもあるのですが、それをこの地元開催でも実演できた、、ということも感慨深いです。

 

光を扱い、なにもない白い壁でも十分に楽しめる、そのことに触れられたことはかなり有意義でした。

 

 

RICO STUDIOさんでの開催よろしく、面光源大好き展開も。

 

ライティングの楽しさ、重要性もきちんとできました。

LEDもストロボも、より一層愛着のわくアイテムになったのではないでしょうか。

 

 

 

こんな大きな商業施設を舞台に・・

 

ツテって素敵ですね(笑)

大きな舞台で撮影会できちゃうなんて夢みたい。

次回機会があるときは、ぜひうずらフォト側でもいろいろ企画してみたい。この場所を使えるなら、こんなことやあんなことが現実のものになる・・・なんて思うことばかり。

東京では絶対にやれないようなことなども満載、おそらくうずらフォトで一番スペシャリティの強い開催に育ちそうな気がします。

 

 

最後のシーン、恒例の延長線は今治でも。

 

立体駐車場の屋上フロア全面貸切というスケールの大きな舞台で(笑)

鐵と錆にまみれたシーンもあり、もっともっと攻めたい感覚に。夜間になってから元気になるという姿をお見せできたのも良かったです(笑)

 

 

以上、今回のイベント専用ハッシュタグに投稿いただいた投稿を中心にご紹介させていただきました。

#イベなび愛媛

 

 

さっそく次回開催も予定されているとか。

 

次回は東京チームからもぜひご招待させていただきたいなと思います・・

 

 

以上、簡単ではありますがご報告です。

 

あらためまして、ご参加ありがとうございました。そして主催のイベなび愛媛さん、今後の隆盛、ご期待しております!!一助します。

 

おしまい。