一年の計はMGRAコラボにあり 新春スペシャル開催+新年会もあるよ!

一年の計はMGRAコラボにあり 新春スペシャル開催+新年会もあるよ!

新年は初心を振り返るチャンス、と考えています。

ということもあってか、ここ数年 お正月企画にはMGRA写真教室とのコラボ開催が行われます。

たぶん上級者は自分を上級者とは言わない

この初心、というものがなかなか曲者で、撮影会主催目線からの独断と偏見でありますが「上手に撮影する方ほど、基本を大事にしている」気がします。

 

人物撮影は段取りと気配りの集積

これさえ抑えればバッチリ!みたいなダイナミックな攻略法はポートレート撮影にはありません、むしろ細かなtipsの集積の上に成り立っていると考えます。

 

バックラッシュに傾倒する前に知っておきたいことがある

日中シンクロをはじめ、わかりやすいストロボテクニックは必殺技のようにSNSで多く見受けられますが、実際のところ重要になってくるのは別の部分。しかもかなりシンプルに見えて、全然派手さのないテクニックばかりなのです。

 

うずらフォトでも、2018年のRICO STUDIOシリーズではとにかく全身写真を上手に撮るコツに重点を置いて展開してきました。うずらフォトの場合は撮影会でありますので、あまり細かいことは言えません。なので撮影企画を通じて、必然的にヒラメキを得てもらえるような仕組みを工夫しています。

また、光の質に徹底的にこだわった一年を経てきました。おかげさまでProfotoとGODOXの光について違いがわかるようになった方もチラホラ。

 

 

撮影会シーンにライティングという概念を広めた張本人

ライティングに関してはそれらを行う機会がほぼ無かったといっても過言ではありません。そこはやはりMGRAに、さらに言えば松川コウジ先生にお願いしたいからでもあります。

僕がライティングに興味を持ったのも、そもそもうずらフォトをはじめるのも、このMGRA写真教室の根底に流れる理念と写真に魅せられたからといっても過言ではありません。

 

 

暗いから照らす、ではなく、演出の要素がとても大きいわけです。

また「写真は光」であるとも思っています。

 

この光を理解するには、やはり専門の意見を一度は聞くべきで、目からウロコのことが多々あります。

 

情報は得るだけじゃ無意味で、活用できないと意味がない

初心者の方はとても柔軟にセミナー内容を取り入れます。

なので成長も極めてはやく、最近だと撮影をはじめて数ヶ月という状態でも、さくっと目を見張るような力作を撮影されることも珍しくありません。

 

知恵もテクニックも最新版にアップデートしよう

カメラもデジタル化が進み、ミラーレスカメラの隆盛を見るに、さらにデジタル化の流れが加速します。

撮影スタイルやテクニックも最新版にアップデートするべきだと思います。

フィルム時代から変わらないものもあれば、フィルム時代にはなかったテクニックもあるのです。

 

それを得るには、撮影者本人が柔軟な姿勢でそれらと向き合う覚悟があるかどうか、だと思います。

K山常用中のフィルター、ブラックミストNo.1

 

うまい人ほど腰が低い件について

 

 

上級者ほど、基礎を大事にする。

 

これは多分どの分野でも同じなのだと思います。

 

 

僕も撮影会、毎開催においていろんな撮影に関するお手伝いをさせていただいておりますが、やはり基礎的な部分がその仕上がり、効果に影響しています。

反復の修練によって精度を磨けるものもあります。

 

これらの気づきがまた一歩前に進ませてくれるのだと思います。

 

 

ぜひ強いカメラマンに育っていただくためにも、基礎技術の修得をおすすめします。

 

 

うずらフォトの根底に流れるMGRAイズム

撮影会ブートキャンプと言っても良いくらいのMGRAコラボ。

最近うずらフォトDebutされたカメラマンさんには「???」な部分が多いと思います。うずらフォトとMGRAとの関係性については、以下に暑苦しい記事をいくつかご紹介しますので、「超暇!!」なときにでもご覧いただけましたら幸いですm(_ _)m

 

新春一発目はMGRAコラボ、写真教室なのですが、ぶっちゃけた話…

 

うずらフォトと松川コウジとの関係性についてはこちら

【攻めの撮影】松川コウジ を語るスレ【秘蔵写真あり】

【攻めの撮影】松川コウジ を語るスレ【秘蔵写真あり】

 

 

 

MGRAで鍛えて、うずらで挑戦する
K山的な理想の流れ

MGRA写真教室で基礎技術さえ積み上げあげれば、まず間違いなくK山くらいには超簡単になれます、追い抜けます。

 

ぜひその鍛えたテクニックをもってして、うずらフォトに挑戦してください。

今となっては、MGRAを長年見てきた男 K山 となるわけですが、うずらフォトは基本的に、このMGRAのカリキュラムを受けた人たちを前提に撮影企画をつくっている節があります。

 

次回は、1/6。場所は新生Sweet Studio。

http://photo.uzra.jp/event/2019/01/06_studio_mgra_collaboration.php

 

うずらフォトの攻略法はMGRAにあり。

 

そんな関係性、なのであります。

 

この長い記事の帰結するところは
やはりコマーシャル(笑)

次回は、1/6。場所は新生Sweet Studio。

http://photo.uzra.jp/event/2019/01/06_studio_mgra_collaboration.php

 

みどころ!

  • ライティングの基礎を学べる
    ぶっちゃけここで差がつく(ついている!)
  • 年始に基礎テクニックを再点検して、ロケットスタートを決めよう
  • 新年会でより深くテクニックを聞くチャンス
  • うずらフォト新戦力のモデルさんも登場、絶対エースとのダブルキャスト体制でのケミストリーも期待でき

 

 

 

ぜひお待ちしております。僕もみなさんと一緒にさらにパワーアップしてやろうと燃えています。

 

ぶっちゃけ下手にレンズを買い換えるよりも、MGRAに参加してみたほうが今後の何万枚、何十万枚に影響するわけで、、、コスパ最強だと思います。

 

おしまい(*´ڡ`●)

 

スポンサーリンク