僕はシャッター数が多い

僕はシャッター数が多い

ライブステージや、収録現場の撮影が多かったためか、(あくまでも撮影会界隈での比較ですが)僕はシャッター数が多い気がします。

 

ただ写真セレクトをしていて、この動作と動作の間にある絶妙な表情変化、機微を捉えている写真を見ると、どうしてもこのシャッター数の多さを否定することができません。

 

宣材写真などにも通じるものがありますが、より良い一枚を狙うためには
演者には最大限のチャンスを提供する必要があると思っています。

 

1ショット入魂、かっこいいかもですが
撮られる側にとってみると、やはり何度か表情を繰り出すチャンスが欲しいはず、と僕は思います。

どうしてもモデルを預かる側の立場でもあるため、考え方がそちら側になるのかも知れません。

 

ただ、このこととは関係なく
やはり表情を捉えるには枚数が必要だと思いますし、写真の魅力の何割かはその絶妙なタイミングを射止めることにあると思っています。

 

はじめは気持ちで押していくって感じだったのですが、最近は音ゲーを楽しむような感じで(喩えが微妙ですが、被写体の鼓動に合わせる感じ、予測するような・・)撮影しています。

やはり相手を知ることは(僕の撮影スタイルにおいて)超重要なことだと思います。

 

 

 

スタイルはそれぞれ、楽しみ方もそれぞれ、なのですが
ちょっと気分を変えて今日は楽しんでみようかな、なーんて時に思い出していただけたら嬉しいです♪

※無為な連射じゃなくって、意図ある連続 って感じです、誤解為さりませんように

 

 

ということで、次回もいっぱい現場写真撮るぞー!!

 

 

おしまい(*´ڡ`●)

 

スポンサーリンク