明日は中判センサーの真価に触れる日

明日は中判センサーの真価に触れる日

明日はいよいよHasselblad×代々木公園SP。

 

中判センサーの実力を、枯れ葉シーズンの公園・晴天で試せるのは
とても最高のシチュエーションとなりました。

 

 

今回の狙いどころとして、もちろん中判センサーの階調深い描写に期待が集まります。

高画素化に盛り上がる35mm判陣営ですが、比じゃないレベルで中判と35mm判のセンサーサイズの違いを見せつけてくれそうです。

 

 

 

とまぁ、毎回Hasselblad大会では画質的なことがどうしても念頭に来てしまいます。

だけど、気をつけないといけないのが、ポートレートの超基本。

これが出来ないと、「ん?」な写真や、「あれれ?」な写真を これまで以上の超高画質で残してしまうことに・・・

 

あくまでも人物撮影、カメラが変わろうと基本はそのままに、
しっかりと良い「瞬間」と「表情」を捉えてください♪

 

 

今回は終始Hasselbladを貸し切れる超贅沢仕様。

ミラーレスタイプなので、取り回しも良く、中判カメラのイメージがちょっと変わるかも。

あの馬力、高火力なものが、このコンパクトなボディに・・

ちょっと燃えますよ。

 

 

ガンダムで喩えたくなりますが、長くなるので我慢。

 

 

 

 

そもそもそれ以前にHasselblad未体験、そんな方にはぜひ知っておいていただきたいです。

・聞いたことはある
・知識は持ってる
・実はあまり知らない

こんな方、多いのでは?

 

一度でも体験すると、具体的な意見に変わります。

 

・実際に使ってみた、感想は○○だ
・中判センサーで現像してみると..
・35mm判との一番の違いは…

 

やはり伝聞に終わらないって、頼もしいですよね。

 

 

これって、仮に今後お持ちのカメラを使っていく場合でも
最高峰を知り、そして愛機を知る結果となり
それぞれの良い部分をあらためて確認できる好機となります。

 

言い換えれば、いまお使いのカメラをより深く活用できるきっかけにもなります。

 

現像にしてもそう、あそこまでの階調を見せつけられると
やはり仕上げに関しても、繊細さは育つし、それを出力する喜びも俄然増します。

 

カメラマンとして、そして写真の上達する要素として
経験値がハンパないのがHasselblad大会。

 

 

 

 

写真上達を志すあなた、お待ちしております。

現場では自然光活用術なんかも、こっそり盛り込む予定。ご期待ください♪

カメラがすごくても、やっぱり写真を決定づけるのは「光」。

 

 

メラメラ燃えてきました。

 

 

おしまい(●´ϖ`●)