写真は光、集客動員のセオリーよりも天候を重視したい。

写真は光、集客動員のセオリーよりも天候を重視したい。

 

 

撮影って光の状況が何より重要で、
天気予報をにらめっこしつつ企画を組んでいると、どうしても決定が遅くなってしまいます。

 

イベント的には一刻も早く、みなさんの予定を掴む、というのが最優先な命題なのですが
わかってはいるのですが、

 

やはりその先、

 

ご参加いただいた後のこと、そうみなさんの写真の撮れ具合。

これを何よりも意識してしまいます。

 

うずらフォトに参加いただいたからには良い写真を一枚でも、持ち帰っていただきたい。

月並みながら、僕の行動理念の大半はココです。

 

 

 

 

これは僕が企画立案というデスクワークのみを行うわけではないため。
当日現場にも立ち、その企画の責任を負う。

 

それを考えるとやっぱり明確な結果を一枚でも多く、と思ってしまい 天気予報を長め・・(エンドレス)

 

商売的には非効率的だと思います。商機を逃すことも多々、もともとニッチ寄りな展開なのに、より自身を追い詰める結果に・・・
何度も路線変更も考えたこともあります。

「過去の開催データもあるんだし、その気になれば一年分の予定をババっと作り上げることもできる」

 

なんて思ったりもしますが、やはり現場の空気、写真的な流行など
これらの空気を存分に吸わせた企画にしたい、その集積こそがうずらフォトのカラーをつくるんだ。何よりそれが僕の今の生き甲斐であり、すべて。

そう思っています。

 

 

とは言え、霞を食って生きていける訳ではありませんので
どうぞ皆様、よろしくお願いいたします(笑)

 

 

 

 

話がそれましたが、そうお天気を意識して企画を立案したとしても

それでも天気は自然のもの、どうしても雨天になってしまうことも。

 

 

そういうときはもう割り切るしかないというか、「雨天でしか撮れない写真がある」とでもW杯の日本代表戦キャッチコピーよろしく謳い上げるしか手がない、、訳です。

寒いし、ツライけど、どうにか乗り切るための知恵を巡らせて・・

 

 

 

今週末は土曜日は荒天、そして日曜日はわりと撮影日和に・・

という情報でありましたので、我がうずらフォトはそれに対応したスケジュールとなりました。

 

 

各社しのぎを削る年末商戦ですが、どうぞうずらフォトも選択肢のひとつとしてご検討くださいませ。

ご想像以上に主催陣営、あなたのご参加を待ちわびております。

 

 

おしまい(●´ϖ`●)