もう1つの中野地下、原点回帰大会は今週末。

もう1つの中野地下、原点回帰大会は今週末。

中野はホームであり、はじまりの場所。

照明の取り回し、使い方、それらを含めての原点回帰大会。

 

http://photo.uzra.jp/event/2020/03/08_studio_galleryo2_nkn_kurumi.php

 

 

久々のGallery O2、この中野地下なりの美しい緋色があります

 

 

原点回帰、ということで
暗い撮影を真正面から考えてみます。

 

ストロボとの距離感も一度改めて考え直す、そんな本当の意味での原点回帰になります。

 

ローキーの美しさを考える、
ちょっといつもと異なる、うずらフォトらしいイベント。

 

 

 

こちらも古い写真。
今見ると、「あーしたい、こーしたい」点がめいっぱい。

 

しっかりと受け止めて、過去を大幅に後ろへ追いやれるくらいの
そんな1日となりますように・・

 

 

レンズについて、一考。

定番から応用まで、素早く組み立てたいので標準ズームあたりを選びたいところではあります。

けど、ここは利便性をかなぐり捨ててでも
メインレンズを選び、多少の不便にあくせくしながら
渾身のアングルを射抜く!なんてパターンがいいのでは?なんてドMコース奨励です(笑)

 

 

 

 

個人のパターンで考えたら

大好きな35mmを軸に、
超広角ズーム、そして85mm ないし 70-200mmあたりの望遠チームで畳み掛ける戦法。

「極端やん、真ん中ないやんの陣」で挑みます。

 

 

 

 

そしてやはり毎回ながら重要なのが、出演者 星野くるみ。

彼女が持つパワーをいなすことなく、存分に引き出すための策。
上手なコントロール、そして演技に没頭させられる間の作り方。

 

カメラ、レンズと夢中になりがちですが
やはり最後はここ、撮る側と撮られる側のシンクロ率をどこまで高められるか、の勝負。

 

方法はいろいろだと思います。
それぞれのキャラクターごとに、無理ないステップで、
アプローチいただけたら超絶HAPPYです。

 

彼女にとっても、それを確かめるような一戦になると思います。

 

 

赤の反対色は緑、ならば..

 

 

 

3月、彼女の誕生月。

本来はCP+を経て、さらに勢いをつけて・・といった流れですが・・

 

払拭させるような、そんな時間。写真に残してください。

 

 

 

とにもかくにも、原点回帰。

 

「どこに戻ればいいかわかりません」な方でもOKです。

うずらフォト的、新しい1ページに繰り出す一戦。ご一緒いただけるだけで嬉しいです。

 

 

会場でお待ちしております。

 

http://photo.uzra.jp/event/2020/03/08_studio_galleryo2_nkn_kurumi.php

 

 

 

おしまい(●´ϖ`●)