ライティングは光で作画していくイメージ、そこにモデル意図が加わり写真になる、、みたいな動画ご紹介

ライティングは光で作画していくイメージ、そこにモデル意図が加わり写真になる、、みたいな動画ご紹介

 

 

今回はいますぐにでも撮影したくなる記事、
コントラストをライティングで調整する流れがわかりやすい動画がAdoramaで公開されたので紹介。

 

 

本編スタート前に、K山による勝手な見どころ紹介もダイジェストで。

 

スタート直後、話が続きます。

 

うずらフォト
K山
英語わかんないけど見てるw
なぞの男
なぞの男
意味あるのかい?それ
うずらフォト
K山
待たされているモデルさんのリアクションを見るのが好きなので
なぞの男
なぞの男
またマニアックなw

 

 

3:28くらいからスタートするので、おしゃべり苦手な方はSKIPも。

 

スタンバイOK、さあ始まるよ

 

 

本当に簡単な図面、でもそれが雰囲気出させますね

 

 

セッティングごとに丁寧に見せてくれます。

 

 

配置は基本がありながら、そこからの調整具合が見どころ

 

現像やレタッチもいいけど、現場でやれることは現場で終わらせたほうが楽です

 

 

全体的にムードが出ると、「おっ!!」ってなるけど
まだまだ我慢、一個ずつダメな部分を直していく作業があるわけです。

 

はじめたばかりの頃は、すでに暗い雰囲気だけで感動してたものです(苦笑)

 

 

 

 

うずらフォト
K山
どこを見るか、どこまで深く見られるかって大事
なぞの男
なぞの男
きちんと視認して分析・確認できるようになると色々捗るようになる
うずらフォト
K山
そうだね
意図して作って、直して、の繰り返しだね
なぞの男
なぞの男
ゴールがないと終われないわけだ

 

 

 

あとちょっとだけ「欲しい」ってときのTipsもさりげなく。
そして、それを実現させるための機材にも注目。

 

持ってない機材だとしても、理屈がわかると「●●で代用できるかも」なんて発想もすごく大事

 

 

撮影現場を見るときに、その内容そのものも重要なのですが
機材配置や、細かい向き、安全を確保するための工夫など、そういうところも見ちゃいます。

 

 

 

 

 

 

うずらフォト
K山
映画現場に入ったとき、なんてこと無い動作でも大声で伝達しながら動くのを見て、なるほどなぁ・・って感じたよ
なぞの男
なぞの男
事故が起きてからじゃ遅い、ってことで大げさなくらいでちょうど良い みたいな?
うずらフォト
K山
指差し確認大事ッ
なぞの男
なぞの男
ケーブルの取り回しとか、脚の向きとか、安全と運用効率とか、そういうのまで動画から見抜けるようになれば美味しいよね

 

 

この完成していく過程がたまんないですよね

 

 

 

現場の設営の間、画面を寂しくさせないようなモデルさんの計らいがニクイ

 

現場の良いムードが伝わってきます

 

 

 

ライティングが整って、そこで終わりじゃありません。

むしろスタート。

 

うずらフォト
K山
露出が整って、ライティングも良い具合、、それで満足しちゃうと超残念
なぞの男
なぞの男
そうそう、あるあるだw
うずらフォト
K山
そこからいよいよ最も作品の仕上がりに大きく影響するであろう「モデル」の仕事が待ってる
なぞの男
なぞの男
撮られる側をやってみたら、すごく理解できる
うずらフォト
K山
こういう調子で画作りしますって舞台を作った段階、そこでどう舞うかがモデルの力量
なぞの男
なぞの男
それを引き出すのも、またカメラマンの力量ってことかぁ
うずらフォト
K山
だね!言ってて撮影したくなってきた・・
なぞの男
なぞの男
わかるw

 

 

 

 

ってな流れで、完成させて動画は終わり。

 

気になる完成写真はもちろんだけど、大事なのはそこに向かうまでのアプローチ。

 

そのあたりを意識しながらぜひ動画をご覧ください♪

そう考えたら、言語が英語だろうとなんだろうと関係ない!って思えてきましたよね。

 

僕たちは「写真」っていう共通言語で通じあえるわけです。

※なんだかカッチョイイw

 

 

では、ご視聴ください

 

Directional Lighting to Control Contrast: OnSet ep. 256

 

撮影したくなりますよ..

 

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

こんな動画の感じ、うずらフォトの撮影会でも実施しています。

あくまでもワークショップとかセミナーとか名乗らず、「撮影会」と位置づけることに果てしないプライドを持っているK山なわけですが(割愛)

 

RICO STUDIOシリーズでも、1部あたり 少なくても4-5パターンくらいのライティングは組みます。

どうしてそこでコレが出たのか、撮影スタートまでの調整量にはどういう意味があるのか。

 

うずらフォト
K山
撮影会中には、あくまでも撮影会進行最優先なので説明はしませんが
開催途中などご質問は随時受け付けています

 

もちろん個人の偏った感性に頼った部分も大でありますから、参考までに・・くらいの気持ちで聞いて欲しいわけですが、たぶんちょっとしたセミナーくらいの量は持ち帰っていただけるとは思います。

 

隠れファンの多いRICO STUDIOシリーズ。

 

K山本人としても、超大事な要素の凝縮した企画ということで
年間50本以上開催させてもらっているシリーズです。

 

 

うずらフォト
K山
RICOシリーズ、別名「ライティングを組むから、その先のモデルの旨味をぎゅぎゅっと出すことのみに専念して欲しい大会」
なぞの男
なぞの男
長いわw
うずらフォト
K山
光の意図として、「引き」と「寄り」くらいは明言します
なぞの男
なぞの男
あとは個人差ってことだな、差異も楽しめるわけだ

 

 

 

 

ということで、なんと今週末!(わざとらしいw)

 

RICOシリーズが開催されちゃうんですねぇ。

 

しかも、制限大会。
好きなように撮れない大会。

 

 

うずらフォト
K山
撮影ターンごとに、いろんな制約を提示しますので独自解釈でクリアしてください大会
なぞの男
なぞの男
またしても長いわw

 

 

うずらフォト
K山
正解はひとつじゃないから、クリア方法によって「あ、この手があったか」みたいな発見が得られるのも、少人数ならではだと思います
なぞの男
なぞの男
ワークショップじゃないの、それ
うずらフォト
K山
うん、そこに気づいた人はお得だし、参加されている方々みんなが先生でもあるわけ

 

なぞの男
なぞの男
自己を研鑽することは大事だけど、その糧として他者を知るってのは悪くないかも
うずらフォト
K山
上達に欠かせないエキス、ありますよ

 

 

http://photo.uzra.jp/event/2020/03/28_studio_ricostudio_kurumi.php

3月28日(土) 「うずらフォト★チャレンジ・好きなように撮れない、制限撮影チャレンジ 完全版」出演:星野くるみ

 

 

 

 

 

星野くるみ、リアルお誕生日当日の撮影会。
ガチンコ企画でお祝いするのが、モデルに対してのマナーだと思いますので、遠慮なくガンガンいこう!と思います。

 

残り枠、ぜひご参加お待ちしております♪

 

おしまい(●´ϖ`●)