Preparing for a resurgence.

Preparing for a resurgence.

自粛な日々、出口が設定されていないツラさの毎日
いかがお過ごしでしょうか。

久々の更新になりました。

 

 

さて、うずらフォトでは

来たるべき復活の日に向けて、作戦立案が完了しました。
少しずつ状況を眺めながら、着々と準備して参ります。

 

 

 

これまで当然の行為だった撮影会、
こういう想定外の状況になってみて、まさか停止するとは・・

 

東日本大震災の際とはまた異なった状況。
骨折で入院し、撮影会を止めた時とも異なった状況。

 

想定できないシチュエーションながら、
生きる以上は、生きるための稼業である以上は
再開に向けて準備をする必要があると、至極当然のことに考えが至りました。

 

日々、画像掲示板へ投稿いただき
励ましてくださる皆さんに多くのチカラをいただいてます。

これを糧に日々を生きているといっても過言ではありません。

 

「仕事ができない状況」、というのは頑張りようがなく
なかなか痺れるものがありますが
とはいえ、創作活動ができないわけではありません。

 

その活動に背を向けず、アイドリングしておくことで
リブートをスムーズに実施できると思います。

 

 

 

夏を感じる高円寺

 

大勢の方はおそらくカメラを手にするのも久しぶりで、
感覚を取り戻すのに多少時間がかかるかもしれません。

そこは撮影会主催者の特権、
そういう方々とはこれまでも多くお付き合いしてきました。

 

リスタートするために必要なこと、ノウハウもあります。

 

それをイベントとして楽しむ、ブートキャンプ的なものにする。

長らくの撮影停止が何をもたらすか、それを埋め合わせるということで1つ企画ができます。

 

 

撮ること、そして撮られること。

まずは、我々うずらフォト陣営が鈍らないよう、素振りを欠かさずに準備しておきます。

 

その日まで、画像掲示板で引き続き盛り上がることができれば、と思います。

 

 

 

復活のそのときは遠くない。

 

おしまい(●´ϖ`●)