近況報告。

近況報告。

うずらフォト、これまでの歩みで最長となる休業期間が続いています。

 

おそらく月内はこういう状況で、可能ならば6月から..
といった具合で考えています。

 

なかにはご心配いただき、「生きてるか」「大丈夫か」などと温かいお声も頂戴しました。この場を借りて改めて感謝観劇の御礼であります。

 

 

いろいろ縛り企画をやってきましたが、
こういう機会でもない限り、実践できなかった「撮影しない縛り」。

短期間ながら、実現できました。

 

断食とでも言えば良いでしょうか。

着想の起点は「ハービー・山口先生」。
いっとき写真休止期間があったという逸話を思い出しました。
※比較にすらならない畏れ多いことですが、ちょっと背伸びしたかった出来心

 

 

とはいえ、僕としては稼業でありますから
別のことで生計を立てなければならない時間が続きました。

 

かつてのプログラマとしての仕事、
映像編集やスチル撮影案件など、
縁故を頼りに、おかげさまで何とか前進してきました。

 

 

撮影会稼業期間とは異なり、より本格的かつ高次元の制作に携わることができ、うずらフォトの撮影会的にも大きなインプットを実施できました。

結果論ではありますが..

 

ただ、これはとても大きな成果と考えています。

 

 

そろそろ復活の兆し、ということで
まだ予断を許さない状況ではありますが、
近況のご報告を兼ねて、ポストします。

 

 

SNSに先駆けて、この一枚を最後に添えて。

 

Our aim is to make a proper art. I’m willing to put in the effort to do so, and I’m willing to walk carefully so that I don’t let my judgment slip.