原点回帰がもたらしたモノ、コト

原点回帰がもたらしたモノ、コト

過去の企画やテイストを再確認し、未来につなげようぜって主旨の撮影会企画、原点回帰シリーズを先日実施してきました。

 

結果は大成功でした。

その場にある環境光を利用した撮影。
野良ライティングとか、ひどい言葉で呼んでいますが
そこに必要としてある光、それがもたらす風景。

 

 

 

うずらフォト
K山

自前の光じゃないから、新しい発見もあるし
じゃじゃ馬ならしじゃないけど、技能を活かす展開もあるよね

なぞの男
なぞの男
大喜利ってことか

 

うずらフォト
K山
失敗もいっぱいするけどね、でもそれが成功につながるよ
なぞの男
なぞの男
そのサイクルを何回繰り返せるか勝負ってことか

 

 

 

ストリート撮影では、これはもう本当に個人的な考えなのですが
空き缶とか、安全用に配置されたポールとか、自転車など
できればそのままのリアルなまま、その町の状況のまま撮りたかったりします。

 

 

 

それはかつての映画現場での体験が影響しているんだと思います。

「K山くん、そこセット組んでおいて」

そういう種類の仕事がありました。

わざとらしくてもダメだし、効果がなくてもダメ。
ただモノを配置するだけじゃなくて、思った以上に脳みそを加熱させる作業でした。

 

 

なぞの男
なぞの男
へぇ、そんなコトがあったんだ
うずらフォト
K山
何気ない瞬間なんだけどね、残ることってあるよね

 

 

以来、町に配置されたオブジェクトたち。それすべてに物語があるという感覚になりました。

捨てられたタバコにしても、それは誰かが吸ったもの。
放置自転車、空き缶、ゴミ。
安全を保全するためのもの。

すべてに意味があります。

ちょっと話が長くなりそうなので、ここで割愛しますが
倫理的にゴミ拾いしたほうが良いシーンは掃除します。写真撮影させてもらってことへの御礼的な意味合いもこめて。

 

 

なぞの男
なぞの男
清掃大事、町をキレイに♪
おくるさん
おくるさん
往来の人にも大きな声で挨拶だね

 

 

 

で、なんでしたっけ。

すぐ話が脱線し、、、

 

 

えー、原点回帰大会大成功だった。

ということですね。

 

 

光の取り扱い方、なんでもかんでもストロボで始末しない。
場面に応じて適宜ライティングすることの楽しさと、

そして大きなことですが、写真の仕上がり、方向性の舵取り。

 

商用撮影経験が長くなると、どうしてもそれの影響が出ます。

しかし撮影会の正義と、商業撮影の正義。それぞれ異なる部分があります。
もちろん共通項もあります。しかし決定的に異なる部分があります。

 

それは撮影会に参加するフォトグラファー自身が監督でもあるから、
どういう写真を得るかは、十人十色だということ。

「そんなのわかりきった話じゃないか」とツッコミが入りそうですが、
大真面目にそんなことを改めて考えた次第です。

 

現場の光を瞬時に読み解く算数ドリル的な楽しさがストリート

 

 

 

仕事での撮影に関しての習熟度、
そればかりに熱を入れてやしないか。

撮影会に持ち込むものは、きちんと選別できているか。

仕事で撮ることと、趣味で撮ることの正義をきちんと企画に落とし込めているか。

 

そういうことを考え直し、そしてさらに明確に結果を得、写真に落とし込むことができた開催でした。

 

目の前はクリア。

曇りなし。

 

 

おくるさん
おくるさん
いいね、ポジティブ
うずらフォト
K山
そう、ポジティブ大事
なぞの男
なぞの男
慇懃無礼にならないよう、程よいポジティブは武器になる!
おくるさん
おくるさん
張り切って参りましょー!

 

 

 

 

この先も写欲の棲み家で生きていきます

 

 

この撮影会、うずらフォトを研ぎ澄まし高めていくこと。

趣味人界隈のひとつの道標として、誰かの役に立てることもある、天命だ。

そう思えた開催でした。

 

 

参加していただいたフォトグラファーさんたち、本当にありがとうございました。

もらったガッツは、企画と写真でお返しします。
今後ともよろしくお願いいたしますッ!

 

そんな気合を表現した一枚、作ってみましたよ。
最後にそれをご紹介して終わります。

 

 

 

 

おしまい。