ポートレートはアートか、ファッションか、はたまた記念写真か

ポートレートはアートか、ファッションか、はたまた記念写真か

 

距離を使うことの重要性を喚起しています。

 

もっとも避けるべきは記念写真化。

日頃、アートやファッションフォトのインプットを行わない人は、この記念写真に傾倒しがちな傾向があります。

 

この記念写真というものを定義化することで、
その逆張りで、せめて記念写真には陥っていない!といった状況を作れるのではないかと考えました。

 

記念写真(きねんしゃしん)とは、人が何がしかの事柄を記念し、撮影する写真。 … 英語圏では記念写真を撮るのは当然として、特別に「記念写真」を意味する言葉が一般的に用意されてはおらず、写真を意味するphotoやpictureを用いる。

 

なぞの男
なぞの男
記念写真、要は東京タワーとか浅草寺とか金閣寺なんかをバックに撮るアレ
うずらフォト
K山
そう、アレに陥るのだけは避けたい
なぞの男
なぞの男
日頃のインプットをサボっちゃうとアドリブ勝負は厳しいかもね
うずらフォト
K山
定義化して、その逆張りで強く導けないかとか考えてる、ずっと

 

 

 

「壁打ち」、とか、「エロゲ構図」とか、いろいろ言葉を張り巡らせてきたけど、「観光写真」「記念写真」って言葉がありました。

灯台下暗し、ってやつです。

 

 

ポートレートと呼ばれる人物写真と、記念写真は違うのか、研究途中ではありますが定義してみたいと思います。

 

 

記念写真ってのは

・知人や友人、恋人、家族と一緒に撮ることが多い
・観光地の有名スポットを背景に撮りがち
・とりあえず笑顔でピースサインなんかも付いてくる(世代差あり)
日の丸構図が大半
・縦、横構図かどうかはバラバラ
・全身だったり半身ショットだったりする
・写っている人物の魅力を探求するよりも記録的要素が強い

 

とりあえずこんな感じでしょうか。

 

 

 

 

 

なぞの男
なぞの男
撮影会の場合は、顔なじみであったとしても家族でも友人でもない関係の場合が多いね
うずらフォト
K山
写真を撮る撮られる関係、世間でいえばちょっと特殊な関係かも
なぞの男
なぞの男
まあそこは重要じゃないでしょう、広告だってそうだし
うずらフォト
K山
ウン
なぞの男
なぞの男
構図とか記録目的とか、とにかく一枚を撮るための目的が超カジュアルだし、その一枚に向けての創作活動的エネルギーはほぼゼロに近いって感じだね
うずらフォト
K山
そこだ!

 

 

 

 

 

記念写真化を避けるために、写真の技法的側面から逆張りをしていくとこんな具合?

 

・観光地の有名スポットを背景に撮らない
・とりあえず笑顔はやめて、ピースサインはしない
・日の丸構図じゃない構図も多く撮る
・縦、横構図かどうかはバラバラでもOK
・全身だったり半身ショットだったりするのもOK
・写っている人物の魅力を探求した訴求力の高い写真を撮る

 

 

いかがでしょうか?(笑)

 

かなり乱暴ですが、見えてきました。

 

 

 

 

 

うずらフォト
K山
うずらフォトで気をつけている部分がわりとあるよ
なぞの男
なぞの男
最近ではゆるくなったけど、一時期はパッと見て場所がわかる場所での撮影は邪道とか
うずらフォト
K山
言ってない言ってないw
なぞの男
なぞの男
日和ったなw
うずらフォト
K山
やはりターゲットである被写体の、その人物としての魅力への探求、ここだよ
なぞの男
なぞの男
いいカメラを買えばいい写真が撮れる神話、完全崩壊だが大丈夫か?
うずらフォト
K山
ノーコメントw

 

 

 

K山の中では、「そろそろやめよう、記念写真」と題して
密かにキャンペーンを展開中。

 

超絶お節介な撮影会としましては、これまで多くの方々を見てきた統計的データを軸に、カメラマンそれぞれの個性を分析。良し悪しをお伝えすることがあります。

ポートレートコンサルです(笑)

習う前に、鍛える前に、自分の立ち位置、現状を正確に把握することで非常に効率化するし、結果にもつながります。

 

 

 

なぞの男
なぞの男
なんて面倒臭い撮影会やってるんだw
うずらフォト
K山
だって、趣味とはいえ、やっている以上は上達したいって思わない?
なぞの男
なぞの男
まあ趣味だから気楽にやりたいって考えもあろうだろうし
うずらフォト
K山
そういう方はウチを多分選ばないから大丈夫

 

 

 

今回は記念写真という角度から考えてみました。

何かしらヒントを得たぜ、といった方がいればいいなぁ。

 

 

とにかく日々のインプットが超大事。
宿題ってとにかく嫌いでしたが、この写真関連ではK山超マジメに頑張ってます。

まずはビギナーの方々、VOGUEの定期購読からSTARTされることをおすすめします。

 

おくるさん
おくるさん
定期購読なら割引アリなんですよ、お得

 

https://www.vogue.co.jp/magazine/subscription/latest

 

 

 

 

 

 

 

うずらフォト
K山
世界で一番お金と手間が掛かっている雑誌、見ない手はない
なぞの男
なぞの男
プロフェッショナルが凝縮されているからね
うずらフォト
K山
意味はわからなくても、感覚として押し込んでおけば、いずれ閃きの種になる
なぞの男
なぞの男
なるほど

 

 

眼前のモデルを、より美しく、キレイに撮るってのが
カメラマンの役割ではないでしょうか。

その結果、モデルからの信任を得、さらに撮影を重ね、この繰り返しが信頼となり、いよいよ渾身の一枚につながっていくわけです。

 

人というフォルムはどう撮れば美しいのか、
お顔やメイクはどうか、きちんと美しいか
その答えの数の多さが勝負かなって思います。

 

 

なぞの男
なぞの男
実物より悪く撮っちゃうってのは避けたいもんだ
うずらフォト
K山
なんだか撮りたくなってきたね
なぞの男
なぞの男
もっと眼前のモデルを見て考えないと!!
うずらフォト
K山
RICO STUDIO Hatagaya企画なんかは、ぶっちゃけこの手の考えを持って参加すると10倍楽しいよ
なぞの男
なぞの男
あ、宣伝
うずらフォト
K山
いいじゃん、そういうBlogなんだからw

 

 

 

 

こんな記事を書くもんだから、「敷居が高い撮影会」って言われちゃう。
撮影会主催としては逆営業になっちゃう。

でも、伝えたいことだから今後もこの手のことは書いて参ります。
なので「なるほど!!」と思った方は、ぜひご参加を検討いただけたら超絶HAPPYでございます。

 

 

それでは、みなさま
また次回現場にてお会いしましょう。

かしこ。

 

 

イラスト提供:あのころのぼくがみてる(INSIDE WORKS)