背景紙とCDデビューの話

背景紙とCDデビューの話

明日はRICO STUDIO Hatagaya。

いきなり宣伝じゃん(笑)、なんて思われそうですが、、あながち間違いでもありません。

 

 

うずらフォトはおそらく全撮影会中でも、最も背景紙撮影を大事にしている撮影会といっても過言では無い!かも、って話です。

 

 

なぞの男
なぞの男
いきなりなんだこの展開
うずらフォト
K山
いや、背景紙好きだなーって高まってしまってつい、、
なぞの男
なぞの男
実際RICO STUDIO Hatagaya企画は、撮影会の皮をかぶったワークショップみたいなもんだろ
うずらフォト
K山
そうかなー、これこそが撮影会!って感じじゃん
なぞの男
なぞの男
いや、それは違うぞ(笑)

 

 

 

 

明日はRICO STUDIO Hatagayaです。

 

 

主催としては、このシリーズでは通常以上に水先案内人としてアレコレ演出側で扇動、もとい、先導させていただいております。

 

ライティングって大事だな、楽しいな、ってなってもらえたら最高です。

 

 

シンプルな空間だからこそ、カメラマンごとの差異が出る。

それを楽しむ、奥深い構成を志しております。

 

 

 

 

おくるさん
おくるさん
モデルにとっても、背景紙だから追求できることってあるよ
うずらフォト
K山
写真を構成するのに背景要素が一切無いってのがミソやね
おくるさん
おくるさん
そうだね、だからこそ見せられるポーズってのもあるかも
うずらフォト
K山
歌で言うと伴奏なしのアカペラ勝負、みたいな
おくるさん
おくるさん
緊張しちゃう
うずらフォト
K山
背景紙企画をずっとやり続けることでしか鍛えられない部分があるよね
おくるさん
おくるさん
絶対あるw

 

 

 

 

よくある誤解なのですが、

「背景紙や白ホリ、それそのものがスゴイ」

ってのがありますが、それはK山的には違うと思います。

 

何もないフラットなカンバス状態、ここにモデルと光で画を描いていく楽しさ、といった感覚を持っています。

 

 

モデル側からしても、やはり援護射撃のないシーンでの撮影は鍛えられるし、

何よりモデルとしてのスタイル、ルックスの重要性が浮き彫りになります。

 

被写体じゃなくって、モデル。

 

商品として、正面からぶつかる姿勢、ここが大事だと考えています。

 

 

 

 

 

 

なぞの男
なぞの男
背景ナシで構成していくってスタンスが、撮影会シーン的に珍しいってことなんだろうね
うずらフォト
K山
ストリート撮影はまた別の楽しさがあるし
なぞの男
なぞの男
ポートレートつっても、さらにスタジオやストリートやらで細分化されるわけだ
うずらフォト
K山
撮り方にしろゴールにしろ、ちょっと異なるよね
なぞの男
なぞの男
一人のモデルから撮れる写真、その可能性と多様性を極限まで絞り出す、、みたいな
うずらフォト
K山
一人のモデルをあらゆる方位から撮る、みたいな
なぞの男
なぞの男
絞り切ります、みたいな?w
おくるさん
おくるさん
ひぇッッ!!

 

 

 

あと最近の話題でいくと、こちら。

 

 

 

なぞの男
なぞの男
そうそう、これこれ、いきなり過ぎてビックリだわw
うずらフォト
K山
隠してたわけじゃないのだけど、コロナでタイミングが狂ってしまって・・
なぞの男
なぞの男
詳しくアナウンスする必要があるんじゃない?
うずらフォト
K山
そうなんだよね、慣れないことは難しくてw
なぞの男
なぞの男
確かに畑違いの分野だからね
うずらフォト
K山
ただ、ちゃんと流通に乗るカタチでのリリースなので、同人作品とは違うってところでガチ具合を感じてもらたら楽しいと思います
なぞの男
なぞの男
歌手デビューってことかw
うずらフォト
K山
おくるさん、歌手/モデル って肩書になるねw
おくるさん
おくるさん
あわわわ
なぞの男
なぞの男
よし、紅白レコ大への道はつながったってことか
うずらフォト
K山
道筋はねw
なぞの男
なぞの男
気持ち大事w
おくるさん
おくるさん
あわわわ

 

 

 

 

ということで続報、ご期待ください。

リリース予定も決定し、ミュージックビデオも完成しました。

 

これからCDをたくさんプレスしていくことになりますので、皆様ひとつよろしくお願いいたします(笑)

 

 

 

 

 

なぞの男
なぞの男
レコ大におくるさんが出て、それをK山が撮る、そんなのも面白いね
おくるさん
おくるさん
や~~め~~て~~
うずらフォト
K山
でゅふふ
おくるさん
おくるさん
キモいしw

 

 

 

 

ということで近況報告でした。

おしまい。

 

 

 

 

 

イラスト提供:あのころのぼくがみてる(INSIDE WORKS)