少し仰々しいタイトルですが、スタジオさんの写真は本当大事。

スタジオやレンタルスペースを紹介したポータルサイトなんかで、同業他社のスタジオやスペースがズララっと表示されます。

そのときに、やっぱり目を引くのが写真。
腐心してプロモーションばっちりなテキストをこしらえていても、写真がマズいと印象にも残りません。比較される系のところは超広角でインパクトを出していますが、個人的には「狭いのかな」という印象。

この辺の駆け引きは難しいところですね。一般的にはインパクトあるから、効果アリだと思います。

撮影会LP用に写真を借りたとき、、

うずらフォトのHP用に、会場となるスタジオさんの写真をお借りするとき(もちろん許可をもらって、可能なら少し編集させてもらうことも)

水平やアオリの補正をするのですが(習慣・・)、
それにLightroomやPhotoshopの補正機能を利用します。

そんなことやってたんだw
K山
必要ないかもだけどねw
おくるさん
イベントページはもうK山さんのギャラリーみたいなもんだねw

スタジオさんによっては、すでにバッチリの状態で、何ら触るところのない状態だったりすると、「さすが!」と気持ちよくなります。スタジオさんのプロ意識というか、写真に対しての気持ちが見えて、超好きになります。

そういうスタジオさん、いくつか知ってます。
撮影当日、そのことをオーナーさんに伝えると

「いやぁ、お恥ずかしいです」とだいたい照れくさそうにするのも印象的です。

プロ意識、SNS時代はそれをやかましいくらいに宣伝するのも主流みたいな部分がありますが、こういうさりげなさ、いいですね。



professionalism.



おしまい\(^o^)/

Twitterでフォローしよう