まずは前提として、こういうコトが起きました的な。

「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」の公式インスタグラムやツイッター、フェイスブックのアカウントが突如閉鎖され、話題になっています。ソーシャルメディアは多くのブランドにとって重要なPRツールであり、主要ラグジュアリーブランドがアカウントを閉鎖するのは極めて異例。その裏にはどのような事情があるのでしょうか?

引用元:https://www.fashionsnap.com/article/bottegaveneta-deletes-sns/

正式なコメントが出されていないため、その真意はわかりかねます。
当然僕なんかとは比較できないレベルでの話なので、あくまでも感想ということで備忘録的な記事にしますm(_ _)m

ボッテガ、思い切ったね、たまげた
ほんとほんと、商売には最適なツールであるのに、、常人には考えられない策でもあるのか
ブランドってやっぱりブランドを守り繋げていくって勝負だから、時流を読む勘、すごく強いられそう

海外のファッション業界関係者の中では、SNSからの撤退は納得がいくという見方もあるようです。情報が入り乱れるデジタル時代において、インターネットから"ログアウト"できる余裕こそ、究極の「ラグジュアリー」と言えるのかもしれません。

https://www.fashionsnap.com/article/bottegaveneta-deletes-sns/
単なる逆張りとか、SNS疲れで済ませられることじゃないね
看板を守る、って本気だね
個人的にも数年前に、SNSの次はなんだ?とかディスカッションしたこともあるんだけどLINEがそのヒントだなって思ってたけど、、

近年では「ヴェトモン(VETEMENTS)」や「ルドヴィック デ サン サーナン(LUDOVIC DE SAINT SERNIN)」などのファッションブランドが、公式アカウントとは別に、鍵をかけたプライベートアカウントを開設しています。いわば、オープンなSNSを利用したクローズドなコミュニティ。これらのプライベートアカウントでは、公開アカウントでは投稿できないような過激な写真などがシェアされたり、クローズドなコミュニティだからこそ熱量を持ったファンとの密なコミュニケーションが生まれています。

https://www.fashionsnap.com/article/bottegaveneta-deletes-sns/
一理あるなー
noteとか、有料メンバーサービスもあるし、ソレ的な流れなのかも。後出しジャンケンになるけど、その数年前「うずらフォト・マニアックス」って名前でソレっぽいのをやろうとしたことがあってね、ある人に相談したら「どうかねぇ」と渋られたので引っ込めたことを思い出した。
でも、その気合じゃ実現させてもうまくは行かなかったと思うぜ、時期が満ちてこそ、ってのもあるからね

撮影会界隈でも、いろいろなコミュニティが誕生しました。それぞれが異なったコンセプトを打ち出しています。それに対して僕もいろいろ思うところが無い訳じゃありません。けども、やっぱりつべこべ言うより、行動あるのみ、だと思います。

少しずつ煮詰めていけたらなー・・ と思う次第です。

おしまい。

Twitterでフォローしよう