他愛ない話、恐れ入ります

他愛ない話、恐れ入ります

 

8月もあと少し、なんだか夏が終わるような気がしてちょっぴりセンチメンタル。

 

この感じは学生時代の夏休み体験によって作られた可能性大な気がするであります。あわせて戦争的な、終戦的な意味で夏に寂寥感?うまく表現できませんが、そういう感覚が混じったような。

 

 

夏は過ぎてもまだまだナイトストリートのシーズンは続きます。

9月、10月にかけて本番といっても過言ではない勢いのナイトストリート。ふと、こんなキーワードが浮かんだりします。

 

 

遠征×ナイトストリート。

 

それに見合う舞台、、、すぐに思いつくのはやはり京都なのですが、どこか最適な舞台を発見できたら急速にカタチになるかも。

 

 

遠征もそうですが、ナイトストリート。

夏の終わり、海でも眺められる場所でずっと考えられたらなと思います。

 

 

愛媛も、いいなぁ。

 

先日の幡ヶ谷開催より一枚。熱帯夜開催、真夏の夜はこうでなくちゃ、終わってみればどうとでも言えるって?(笑)もちろんK山、汗だくでしたよ(*´ڡ`●)

 

 

 

おしまい。

スポンサーリンク