話題のジャンクション連戦、両国はイメージ通りエレジーだった!

話題のジャンクション連戦、両国はイメージ通りエレジーだった!

9月から連戦中のジャンクション、ロケ地的にも数多く9月だけでは消化しきれるわけもなく10月にもめり込んで参りました。

お好きな方には好評をいただいております、このジャンクション戦。

ポートレート撮影ではあまり利用されない広角レンズの利用価値もあがり、ひいた構図が大好きな僕的にもストライクな開催となっております。

 

遠景がちょっとオシャレ

 

両国ジャンクション、遠くに見えるおしゃれな夜景が素敵!なんて思っていたらば、相当にエレジーな場所でした。

手持ち 1/6

それにしても、やっぱり夜景戦って水辺との相性ばっちり。この↑の写真、頑張って手持ちで シャッター速度 1/6。

名人のようなカメラマンさんたちに紛れて、K山も必死で修行中。手ブレなく安定して撮れるようになるってことは超絶恩恵アリアリ。

手ブレ補正機能が自分につけば、いろいろと捗る!!なんて妄想しつつシャッター切ってました。

 

 

スポンサーリンク

 

撮影会の場合はいつも取材写真的な感じで撮っています。このため、この種のトライアルは少し得意。

現場を見ながら、運営しつつ写真も撮りつつ。常に手が足りない常態、口とか鼻もつかってカメラ操作(笑)お見苦しいところをお見せしております(苦笑)

 

 

話はもどって両国JCT。雰囲気あるところ。僕的なベストポイントもいくつか把握です。やがて来るジャンクション・メドレー戦では立ち寄りますね。

愉しみにしててください。

エレジーなジャンクション

 

 

西新宿ジャンクションはキュベレイだと命名、この場所はどうでしょう。ドム?

ビグザム?

 

そんなイメージで撮ってました(笑)

この場所は、ドムに決まり 色温度の難しい場所でした

 

街灯が蛍光灯、懐かしい感じもします。この緑被りもナイトストリートあるある。街灯のLED化が進み、美しい色合いになっていったことを思い出しながら、、そんな時間を過ごしていました。

 

 

広角レンズが活躍する場面。

当然そうなんですが、この辺からひねくれ者のK山。みんなが広角狙いなら逆で、、って発想。当然狙っています。

 

まだ現場ではジャンクションのダイナミックさにキュンキュンしてて、大きく撮っちゃう側から抜け出せてません。

 

こんな風にやってます 鉄の杜にかえります

 

暗いジャンクションだなーと、想像していたものの思ったい以上にエレジーな場所でした。

隅田川テラスには相当お世話になっております(*´ω`*)

 

 

次回のジャンクションは浜前橋。

こちらはイケメン!

 

何がイケメンなんだ?とお思いの方も多いことでしょう。

それは実際の開催でぜひ実感していただきたいです!カメラマンならではの感じるハートで、男前っぷりを。

 

ってなことで、コマーシャル(笑)

http://photo.uzra.jp/event/2016/10/05_night_junction_ikemen.php

ご参加、お待ちしております♡

 

ドボク・サミット

ダム、工場、団地、ジャンクション、鉄塔、水門など、見られることを意識しない「土木的な」巨ダム、工場、団地、ジャンクション、鉄塔、水門など、見られることを意識しない「土木的な」巨大建造物に魅せられた名物鑑賞者たちが一堂に集結、サミットを開催!2008年武蔵野美術大学で開催された模様を収録。