スタジオが喜ぶスタジオ利用とうずらブランディング

スタジオが喜ぶスタジオ利用とうずらブランディング

中野から芝浦、うずらフォトも拠点を持つ撮影会のひとつです。

 

中野時代から少しの間、NOスタジオ期間がありました。そのため貸しスタジオを利用する必要がありました。怪我の功名とでも言いましょうか、結果として撮影会企画としてはバラエティに富んだ内容を得ることができ、さらに深みを得られることができました。

スタジオを運営しながら、別スタジオをレンタルするってことはタブーのように思えた時代もありましたが、撮影会と撮影業務は別ということで最近はみなさんの流行に相乗りさせていただいております(笑)

 

開催前、機材を組み立てる時間からもう勝負は始まっています。この緊張感が病みつきな訳です。

この時間帯、もしご一緒できることがありましたら何を考えているか聞いてください。赤裸々にお伝えします。

「○○が△△だったから~~できなかった」というのは一番カッコ悪いセリフだと思っています。

何事も逆算、クリアするために順序立てていくのも愉しさのひとつ。みんなで超えていく一体感は少人数ならでは。今後の大きなノウハウの蓄積にもなる、考えようによってはプラスの少なくない開催をやれていると思います。

もちろんご参加いただくカメラマンさんあってのことです。感謝感謝です。

 

 

 

個性的な各スタジオ、オーナーたちもとっても個性的で、そしてスタジオごとに客層も千差万別。

各所、各方面にリーチできるチャンス。張り切ってしまいますよね(^^)

 

 

白ホリ、背景紙スタジオで培ったライティングと演出を武器にハウススタジオで濃い目な写真を得る。今風な感じですね。

なるだけそのスタジオ側が嬉しくなるような写真、それを考えています。同時に、そこであまり狙われなかったであろうカットは無いか… チームワークの利点を最大限に活用でき、僕自身が毎回本当にめちゃんこ勉強できています。

これは惜しみなくフィードバックしていきたいと思っております、ぜひぜひお気軽にその旨伝えてくださいね。

 

 

 

次回の水曜日の女はダーク系のハウススタジオ。

 

 

 

http://photo.uzra.jp/event/2017/08/09_tug_kurumi.php

おそらく平日限定登場の予感。星野くるみの能力(パフォーマンス)を引き上げてくれる熱いスタジオに違いありません。

 

僕も超気合を入れております。

 

何気ないすみっこが、一室が、壁が、ドラマを生み出すワクワク感、ぜひご一緒しませんか?

 

超絶、お待ちしております。

撮るか、撮られるか。そんな一騎打ち。与力くださいませッ

 

http://photo.uzra.jp/event/2017/08/09_tug_kurumi.php

 

 

 

おしまい。

 

スポンサーリンク