「ポージングまで手が届かない!!」そんなカメラマンのためのお役立ちカンニングペーパー

「ポージングまで手が届かない!!」そんなカメラマンのためのお役立ちカンニングペーパー

撮影会シーンではハウススタジオが隆盛。難しいこと考えずに、なんとなくいい感じのオシャレ感な場所に、かわいこちゃんがいればOKか!的な..人気のシチュエーションです。

今回はそっちのスタジオじゃなくって、白ホリ・背景紙。勝負はモデル。かわいこちゃんだとか、好みの人だとかボインちゃんだとか(笑)、そういうのとは別にモデルのパフォーマンス。技量、熟練度。

 

白ホリでの撮影は偶然が効かない

偶然が効かないからこそ、実力を発揮できる愉しさがあります。偶然じゃないからこそ、撮れたお気に入りの一枚はひとしお。空白がいびつであったり、狙いが曖昧であったり、気づかせてくれる部分が多々。真面目に撮る人にとってはこれ以上ない最適なシチュエーションです。

商用撮影でも当然ここが一番の舞台、ということで気持ちのこもったモデルにとってもやる気が俄然みなぎる現場なのです。

_UZR3281-Edit-Edit

 

スクリーンバックでの撮影はモデルの力量が如実に出て、超面白い!(と、僕は思っているのですが。)

モデル力を要求する現場でもありますので、頭身も高くスタイル、ポージングなどパフォーマンス力の高いモデルが必要とされます。うずらフォトでも白ホリ開催はそれらの要素をもちろんクリアしたうえでの展開を心がけています。

  • ラッキーパンチが期待できない白ホリ、カメラマン・モデル・ライティングの総力戦が要求されます
  • ただ撮るのみではドライな一枚が出来上がります、そこにエモーションを追加していく作業は撮る側の人間性、現場のムードとモデルのやる気

 

 

美意識を持つことは大前提

カメラマンであるなら性別問わず、メイクのことは気にかけるべき。撮影会を利用しているだけなので、、であっても、カメラマンとしてモデルの前に立つならば、それは必然。女子を撮るとは、そういうことだと心得てください。

 

より綺麗に撮る、素敵に撮る。そのことを心がけてください。決してカメラマン側の欲求のみ走らず、相手の理解や合意のもとで突き進みましょう。コミュニケーション超大事です。ついつい悪気はないのに口を滑らせ空気を悪くする、そんなシーンもありがち。ご注意を。

 

女性が本当に喜ぶ褒め言葉 9選

http://psychology-japan.com/woman-compliment.html

>敢えてコンプレックスを褒める
誰に言われるかってことが大きいので、これはオススメできません..

【恋愛】女性が喜ぶ言葉って?実際に使える褒め言葉!【モテる】

https://matome.naver.jp/odai/2136334525707040101

>ステップ3 外見のマイナス部分のあと、内面のプラスを褒める
マイナス要素は口にしない鉄則の方が良いと思うので、この部分はスルーが吉と思われます

 

 

案外ベタですが、書籍でよく見かける内容の事例って真実であるからこそ定番になるわけで、それでも失敗しちゃう人がいるから書籍化が繰り返される..失敗を重ねないため先人に学ぶことも大切です。

 

モテたかったら、“ホメる”が勝ち!
女性が本当に求めているのはイケメンではなく“ホメメン”。
あなたを最速でモテる男に変える「知識」+「技術」=「ほめろじ~」を徹底解説!
誰でも無理なくできて、効果は抜群!

○本書はこんな人にオススメです
・生まれてこの方、女性と恋愛関係になったことがない人。
・最後の恋愛経験から2年以上経っており、そろそろ恋人がほしい人。
・これまでに恋人がいたことは何度もあるが、いずれも長続きしない、もしくは彼女を怒らせてばかりでうまくいかなかった人。
・そろそろ落ち着きたいけれど、婚活がうまくいかない人。

 

 

DSC-0022

DSC-0023

 

カメラの設定なんて、「最」優先事項じゃありません

少し余談ではありますが、ポージングの話に入る前に大事なことなので立ち寄り。

良いポージングを導くには、現場の空気が超大事。ポージングはただ体操のように、手脚を動かせば良いものでもありません。気持ちを入れること、それを実現できる環境であるかどうかも重要なのです。モデルを突き放した様な無茶振りを「指示」だと勘違いしていませんか?

 

誤解のないように言うと、もちろん露出設定は大事な要素ではありますが、撮影現場においてはカメラマン1人だけの世界ではありません。

モデルがいて、アシスタントがいてスタジオマンや、アートディレクターがいてクライアントがいて、、多数の人間が存在しています。現場の種類にもよりますが、いざ撮影ともなればカメラマンが現場の進行を司ります。指揮官です。

  • 指示待ち、待ちぼうけの人を作らない(現場に油断を与えない)
  • ムードは温度のようなもの、一度冷えるとゼロからのやり直し
  • ネガティブ要素が出ないよう全体で心がけましょう

 

ムード以上に優先するものってあるの?

つまりカメラマンは他人のことを考えて、的確かつスムーズに動くことで現場のムードをつくりあげられるのです。

ついつい写真撮影のことに意識がいきがち。モデルをほったらかし。

あまり良い状況とは言えません。

真剣に撮影に対峙してくれるモデル、カメラマンにとってこれほどありがたいことはありません。その意識を、カメラマン側の悪意のない「無視」によって削いでしまうってのは超絶勿体無い、かつあり得ない損失だと思いませんか?

露出決定は自主練が鍵

素早く露出を決定できる、それは日々の練習に掛かっています。決定までの工数を減らす、決定までの時間を短縮させるためにはどのような方法があるか、それを考えて実践しているかどうかの違いだけな気がします。移動時間や休憩時間など、そんなオペレーションのことに考えをめぐらし、よりスムーズな仕事をできるカメラマンになろう、そう志す人に対して無策では太刀打ちできません。

カメラ技術がどうというよりも、それ以前のコミュニケーション能力が要求されます。リーダーとしての立ち回り、そんなものも意識してみてはいかがでしょう。

 

まだ不安が多く残る!という方は一度セオリーを身に着けましょう、何事も努力と根性で解決できます。

 

理屈に加えて、露出計を活用すればさらに安心。

 

現場を知る主催者が、ちゃんと機能する撮影会が理想

うずらフォトの撮影会では、現場のムードを第一に考えています。時として、みなさんの替わりになって、現場のムードづくりをお手伝いさせていただきます。ただヘラヘラしているだけじゃありません(爆笑)

現場のムードが悪くて良い写真が撮れるか、そんな思想で動いてます。これは主観ではなく、撮影会主催者という立場で出演者側の深い理解を得て、多くの開催を通じ到達した考えです。接客と本音、その邂逅にはいろいろな要素がめぐります、解法も存在します。そういうものを冗談のなかに秘めて、いつも皆様へフィードバックしております。ちゃんと拾っていただける方も、そういう方々の上達速度は本当に目覚ましいものがあって驚愕することも多々…

 

「俺は現場を盛り上げるのは得意だ」と過信も良くないです。モデルも十人十色。お決まりのパターンだけでは通用しないことも。繊細に表情と空気から読み取る、そんなセンサーをお持ちください。うずらフォトの撮影会では、そんなバックアップもあり、モデルがパフォーマンスしやすい環境というものを導きます。結果良い写真が撮れる、カメラマンさんに喜ばれる、素敵な幸せの方程式です。

 

○○さんの撮影は楽しい、仕上がり写真はもちろんですが、そんな最高の一言をもぎ取ってやろうじゃありませんか。

 

スポンサーリンク

ポージングのネタ帳を持っているかどうか

まず前提で言えば、ポージングにもいろいろなテクニックが存在します。

きちんとした動作や加重、理屈にあっているか。それを見ている人も多々存在します。写真を出す以上、きちんとしたお作法を理解し、その用法もちゃんとしたいものです。とはいえ、はじめたばかりのビギナーカメラマンさんにとっては、やることがいっぱい有りすぎて大変だ!なんて思う方もいるのでは。

将来的に、それらすべてを正確に支配でき、運営していくことは愉しさにつながっていくわけですが、はじめは大変なもの。

人を頼ることは恥ずかしいことじゃない

そういうときこそ、モデルの力を借りる。これが大きな助けとなります。力量あるモデルを撮るということは、モデルの力をどこまで使うことができるか、ここが重要です。ポージングについての理解度がカメラマン、モデルとどちらが深いか。これをちゃんと見極め、相手側がそうであれば活用する。この判断ができる人は絶対に最良の一枚を手にすることができます。適材適所、仕事できるカッコいい系な感じですね(*´ω`*)

 

 

このシリーズは実用的、なんちゃって系とはちょっと違います。意味不明な、かさまし目的のポーズもなくアングルもダイナミックであおりや俯瞰もバッチリ。デジタルデータもついてくるのでPCで研究もできちゃいます。このシリーズはぜひどれか一つは必携!のイチオシです。

 

後者の一冊は写真関係書籍ではありませんが、アングルとその解法という意味ではマンガやアニメのほうが先進的かつ商圏規模も大きいです。クリエイターも名だたる人、格上が多い。そこから得ないのって勿体無いと思いませんか?

 

 

ネタ帳はネットに山ほど

カメラマン側には露出だピントだ、ライティングだと気にするところが満載。良い写真を撮ろう!!!!と気合を入れまくっていると、もうモデル側のポージングまで手がまわらない、、こんなことなら日頃からファッション誌、んん、VOGUEをちゃんと定期購読してりゃよかった!!!!

なんてことになった場合でも一安心。

 

無料で済ませたい方、ポージングが満載のページがあります。

こちら。

https://jp.pinterest.com/pin/413134965794738647/

Screenshot of jp.pinterest.com

こちらから、お好みのポーズをピックアップください。とはいえ、審美眼はやっぱり大事。有料書籍と違って海千山千であり解説もゼロ。体系的な理解をこれだけで得られるとは思いませんが、すでに基礎を学び取っているって方には最適な選択肢ではないでしょうか。

ガリ勉もどうかと思います、相手を頼る度量で

衣裳ごとにマッチするテイストとか、簡単なポージング・難しいポージングなど千差万別なので、やっぱり日常からの予習が大切。

 

 

  • 良質の一枚は良質の環境から
  • 経験、力量あるモデルには相応のノウハウが備わっている、それを活用せぬは宝の持ち腐れ
  • 自己承認欲求だけではHAPPYになれない
  • ネタをネットから集める情報能力、機転
  • 過信をやめ、常に知識や経験を吸収する柔軟性

 

 

モデルの力量を測るのにも最適、勝負するのはきちんと立てるモデル。そう決めているK山です。

 

 

決定打は偶然じゃなく、必然

なかなか背景紙や白ホリでの撮影会に参加するチャンスはないかもですが、やっぱりモデルとカメラマンの技量を存分に発揮して真っ向勝負するスパルタンな白ホリ開催だけはやめらんない!!と思っちゃいますので、定期的に展開いたします。

_UZR3283

偶然じゃない、必然の一枚こそ醍醐味♡

 

最期に立ち寄る撮影会、やってます。

 

スポンサーリンク