シンプルな世界と、尽きない可能性 RICO STUDIO Hatagaya

シンプルな世界と、尽きない可能性 RICO STUDIO Hatagaya

結局最後にたどり着くのは、シンプルなスタジオだと思います。

 

趣向を凝らしたスタジオも楽しくて楽しいものです。
最終的なテーマは、その撮る相手、人そのものとなりますから、
アカペラやヌードといった、素材勝負的なところに落着していくような気がします。

 

背景についてもシンプルで、
光とその人との空間を撮る、みたいな。

 

なのでエンタメ要素が少なく、敷居が高く感じてしまうかも、とは思いますが
最後にたどり着く撮影会としては、
このシンプルな巌流島を打ち出したいところです。

撮る側の意見もありますが、
同時に

撮られる側の好みもあります。

 

星野くるみの場合はいかがでしょう。
今度直接聞いてみてください♪

 

 

 

白黒写真。
センチュリー背景に。

 

 

 

 

開催ではいつもみなさんの領地であるここでも、撮れる。
ということで、背景ってなんだろう。

 

K山的には、背景はこだわりません。
背景はあくまでも背景、

こだわるべきは主役です。

 

 

 

 

 

スタジオ運営時代を思い出すと、やはりこの背景紙というものは特別な存在。

消耗品なので、交換タイミング、見極め、まだ使えなくもない・・、などなどいろんな判断が楽しかったです。

2.72mが魅せてくれる物語。

 

モデルとカメラマンの自由な世界。

 

 

 

 

光がありますから、
そこで撮ることも可能なわけで
挑戦してみました。

 

 

 

 

 

対して主役となるのが星野くるみ。
10年、ひとりの人間を撮り重ねるってことの結論。

もう少しでみなさんに共有することができそうです。

 

 

 

 

 

 

インプットが大事。

双方にとっても。
そしてそれを元にしたアウトプット。

 

 

 

 

 

 

毎回見る、このスタジオの入り口から
奥にある撮影スペースへの一本道。

 

これが好きで、それをテーマに一枚。

 

 

スタジオに入るたび、どんな新しい写真に出会えるか。

ワクワクする、この予定調和のない、真っ白な空間こそが創作意欲を掻き立ててくれる最高の場所。

 

 

明日も撮影会、心して掛かります。
みなさまに感謝をこめて。

 

http://photo.uzra.jp/event/2020/02/24_studio_ricostudio_kurumi.php

 

 

 

おしまい(●´ϖ`●)