いよいよ千秋楽目前、連戦を終えて「ホッ」としています。

明日は束の間のオフ。
とは言え機材メンテと簡単な撮影お打合せ、そしてご挨拶と年末進行らしい流れ。
師走だな、と毎年思います。

さて、ということで千秋楽。
いよいよ開催間近!であります。

今年はワークショップ、しかも少人数で展開。
うずらフォトに気持ちを注ぎ込んでいただいた方への返礼なるか、そんなチャレンジ大会です。

K山
いよいよワークショップに踏み出すよ
なんだかんだ撮影会がすでにワークショップの体をなしている気もしたけどねw
K山
そうかもw
でもちゃんとしたカタチで、「上達を企図」することと、実際に良い写真をもぎとるための研究を詰めていくってことでGOするよ。
おくるさん
カメラマンとの距離がとても近い状態でやらせてもらえているから、モデル側からの意見なんかも織り交ぜて、うずらフォト完全攻略法的な内容になるといいな(^^)
K山
そうそう、そういう感じ。僕も仕事で多くのアーティストや芸能活動をされている方々を撮ってきた経験もフィードバックしたい。
うずら×背景紙展開といえばRICO STUDIO Hatagaya


現在、進行用のレジュメを再点検中です。

日頃から誰に見せるわけでもなく書き溜めているものがあるので、それをベースに再構成って感じでしたが、想定以上に反響をいただきましたのでテンションもあがり、さらに煮詰めている次第です。

やはり人間ですから、こうして反響をいただけるってのは嬉しいです。

ポートレート撮影も同じで、やはり「いいね」「ありがとう」、このキャッチボールを重ねることが大事だと思います。そこが決め手、だと思います。

ふわふわっとしたこういう部分を、可能な限りロジカルに展開できないか、そこが今回の目玉かなと思います。

K山と星野、二人三脚で続けてきた部分。その場数、年数、ここから得られるものは数多くあります。それを最高のカタチでおすそ分けできるチャンスがきました。ご参加いただける方は限られていますが、ラジオなどでもそういう内容を少しずつお出しできたらと思いますので、諸々どうぞご期待くださいませ。

ということで今回はこの辺で、
おしまい\(^o^)/

Twitterでフォローしよう