余白にこめるものは何か

少し前から「余白」を意識した内容をフィーチャーしています。

写真を撮りたいから。作りたい、仕上げたい、表現が定まりませんが、とにかく美少女カタログだけで終わりたくなかったから、というい点です。

ここで誤解されたくないのが、「美少女カタログじゃダメだ」と言っているわけではないんです。それも良いんです、好きだし。

でも、それだけに終わるのは勿体ないんじゃないか、という立ち位置での余白推しです。構図とも言えますが。

美少女カタログライクなその一枚、パワフルな一撃を際立たせるためにも、抑え気味な一枚も必要なのでは?といったご提案です。

ここで気づきました。

一枚勝負か、複数枚勝負か、ということになりますね。

SNSは前者、一枚勝負でインパクトでの力技。
後者は連作、写真集や組写真などのシナリオありきの展開。

連作意識を養うためには・・というテーマを推進する必要があると気づきました。

ということで、今後は「余白」よりもさらに大きな視野でのテーマを打ち出して参ります。ご期待くださいm(_ _)m

おわり


うずら音声通信 最新エピソード

Twitterでフォローしよう